師走(12月)の意味、語源の諸説、由来と行事、「師走の候」の使い方

12月はクリスマスや大みそかなどの行事があり、1年で最も忙しい時期ですよね!師走とは旧暦の12月のことをいいますが、今では新暦の12月の意味として使われています。読み方は「しわす」、英語では「December」といいます。12月を師走と呼ぶことは知っていても、その意味や語源、由来などを知らないという方も多いのではないでしょうか?今回は師走の意味や語源、由来と行事についてご紹介します!

師走の意味や時期、語源と由来は?

師走は旧暦の12月をあらわし、12月下旬ごろから2月上旬ごろをさす言葉として使われてきました。

現在の新暦でも別名として使われているため、12月をさす言葉として使われています。

師走は12月1日から31日というよりも、年末年始の準備で忙しくなる11月下旬から12月の中旬までを師走ととらえる方が多くなっています。

師走の語源と由来には諸説あります。
その中でも代表的で有名な説を3つご紹介します!

1.師(僧)も走りまわるほど忙しい説

一番有力な説はこの「挨拶まわりなどで師(僧)も走りまわるほど忙しい説」です!

僧とはお坊さんのことを指します。

昔から日本では年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらうという風習がありました。

そのため、年末になるとお坊さんが西へ東へと走り回るほど忙しかったことから師が馳せる=「師走」とよばれるようになったといわれています。

「師」はお坊さん以外にも先生や教師、兵隊などを指す場合があります。

「御師は大晦日に初詣にと忙しい」という言葉があるように、この時期はお坊さんにとって一番忙しい時期なので、この説が生まれたのかもしれないですね!

2.「〇〇」が終わる説

この〇〇に入る言葉は「し」で始まる「仕事(しごと)」や「年(とし)」、「四季(しき)」と12月で終わることを表していると言われています。

「しわす」の「わす」は「果す」=「終わる」という意味でとれえられているようです。

これらのことをまとめると「し・果す」で「し」が終わるという意味になります。

この言葉の由来は他にもあり、「歳極(としはつ)」が「成し果つ」に変化して「師走」になったという説もあります。

「し」が終わるという意味は師走の意味としてはぴったり当てはまりますね!

3.当て字説

日本書紀や万葉集では12月のことを「十有二月(シハス)」という言葉であらわしていました。

この頃は「師走」という言葉を使わず、12月の後には「シハス」と書かれていました。
そのため、「師走」という漢字が後につけられて現在まで残っているといわれています。

日本書紀や万葉集にも使われていた文字なので、私はこの説が一番信ぴょう性の高い由来なのではないかなと思います!

私は、日本書紀の奈良時代から「シハス」と呼ばれていたことから、1と2の説が合わさって「師走」と呼ばれるようになったのではないかなと思います!

スポンサードリンク

「師走の候」の時期や使い方は?

「師走の候」の読み方は「しわすのこう」と読みます。

師走の候は時候の挨拶に使う言葉です。

師走の候を使う時期は12月中が一般的です、12月上旬は「初雪の候」や「初冬の候」、12月下旬ごろになると「歳晩の候」や「歳末の候」という表現であらわすことが多いです。

そのため、「師走の候」は12月の上旬から中旬ごろに挨拶として使う言葉です!

では、実際に「師走の候」をどのように使うかご紹介します!

 「師走の候」は手紙の頭語の後の書き出しに入れるようにしましょう。
頭語には拝啓を使い、手紙の終わりには敬具で締めるのが手紙のマナーです。

頭語の後の書き出しに使える例文をご紹介します!

・拝啓 師走の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

・拝啓 師走の候、年末のご多忙な時期かと思いますがいかがお過ごしでしょうか。

・拝啓 師走の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

手紙を書く際は寒さや体調を気遣う言葉を入れるといいですよ!
ぜひ気持ちを込めてお世話になっている方へ手紙を書いていてくださいね。

12月の行事はどういったものがあるの?

12月の行事と言えばクリスマスや大みそかが有名ですね。
その他、12月の行事についてご紹介します!

・12月8日 針供養

関西では12月8日に針供養を行います。
関東では2月8日に行われます。

針に感謝の意味と裁縫の上達を祈り、針を供養します。

針供養の際は、こんにゃくや餅、豆腐などに針を刺します。

柔らかいものに針を刺す理由は、いつも堅いものばかりさしていた針に最後は柔らかいところで休んでくださいという気持ちが込められています。

私の場合、毎年大阪にある「大阪天満宮」に針を持って行きます。
こちらでは毎年「お針祭り」が行われ、ぜんざいが振る舞われたり屋台が出たりと毎年とってもにぎやかです!

・12月22日頃 冬至

冬至とは、1年の中で最も日照時間が短い日のことをいいます。
そのため、昼が短く夜が長い日となります。

この日にかぼちゃを食べると寒い冬を健康に過ごせるといわれています!

また、この日に無病息災を願って柚子風呂に入るという習慣がある地域もあります。

私の場合、冬至の日には毎年かぼちゃの煮物を食べてお風呂に柚子の入浴剤を入れています!

かぼちゃを食べて柚子風呂に入ると1年元気で過ごせそうですね!

・12月24日 クリスマスイブ

12月24日はクリスマスイブや聖夜とよばれています。

この夜にいい子にしている子供にはサンタクロースからプレゼントが届くという習慣がありますね!

サンタクロースのイメージといえば赤い服に白いひげですよね!
実はこのサンタクロースのイメージは「コカ・コーラ」の広告がサンタ象として広まったそうです。

・12月25日 クリスマス

クリスマスはイエスキリストの誕生日を祝う日です。

この日に家族や友人、恋人とパーティやプレゼント交換をする方も多いですよね!
私もこの日は毎年家族でクリスマスパーティをしています!

「メリークリスマス!」のメリーは「楽しい」とか「愉快な」という意味があります。
メリークリスマスという意味には「よいクリスマスを!」「クリスマスおめでとう」などの意味が込められています。

意味を知ったら余計に「メリークリスマス!」と言いたいですね!

・12月31日 大みそか

大みそかは1年で最後を飾る日ですね!

大みそかの夜は「年越しそば」を食べられる方も多いのではないでしょうか?
年越しそばは「細く長く生きられますように」という長寿の意味を込めて食べられます。

この意味以外にも「家族の縁が長く続きますように」や、そばが切れやすいので「今年あった嫌なことを持ち越さないように」という意味もあります。

また、そばは臓器にもいいと言われているので「毒を除く効果」があるといわれています。

私は今年「年越しそば」を食べるときに「家族の縁が長く続きますように」という願いを込めて食べたいと思います!

師走についてのまとめ

師走には3つの由来がありましたが、どれも納得のいく意味でしたね!

ぜひ「師走の候」を使って日頃お世話になっている方へ手紙を書いてみて下さいね!

12月には様々な行事がありますが、「冬至」の日にはかぼちゃ以外にも「ん」のつく食べ物を食べると「運」を呼び込むことができるといわれています!

そのため、「れんこん」や「だいこん」、「にんじん」、「みかん」など「ん」のつく食べ物も食べてみてくださいね!

この記事が少しでも役に立ちましたらシェアして下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする